1588人のプロトレーダーが大絶賛【最強のFX自動売買ランキングTOP5】はこちら

FXにおけるデイトレードとはどんな取引方法か?

「1日でエントリー・クローズを完結させる取引スタイル」のことをデイトレードと言います。

「ポジションを持ったまま日をまたぐことがない」というのが最大の特徴です。

デイトレードがおすすめの人は?

○短期間で稼ぎたい人

長期保有(月~年単位)やスイングトレード(数日~数週単位)に比べると、デイトレードは、やはり短期間で稼ぎやすいです。

○朝・昼・夜に相場をチェックできる人

デイトレードとはいっても、一日中チャートを見ている必要はありません。

ですが、少なくとも1日1回、できれば朝・昼・夜の3回は相場をチェックしたいところです。

○ポジションを持ったまま日をまたぎたくない人

デイトレードには

・ポジションを全部手放してから寝ることができる

・翌日はまた新しい気持ちで始めることができる

という性質があります。

この特徴に魅力を感じる方にはデイトレードがおすすめです。

デイトレードをする上で気をつけるべきこと

○指標発表のときなどは慎重にトレードをする

「世界各国の重要指標発表」の際には、相場が短時間で激しく動く可能性があります。

そういったときは普段よりも慎重にデイトレードをする事をおすすめします。

「激しく動く=稼ぎやすい」とも言えますが、失敗すれば大きな損失が出る可能性があります。

○相場が動きやすいタイミングを知っておく

東京市場が開く時間付近:8時30分~10時

ロンドン市場が開く時間付近:17時~19時

NY市場が開く時間付近:22時~24時

相場は常に動くものですが、その中でも上記のタイミングでは特に変動しやすくなります。

効率よく稼ぐためにも、これらのいずれかの時間帯をメインにデイトレードをする事を推奨します。

○利確/損切のルールを決めて、守る

初心者は

「利確のタイミングが遅れて、利益が減る」

「損切のタイミングが遅れて、損失が増える」

などの失敗をしがちです。

そうならないためにも事前に

「このラインまできたら利確(損切)する」というマイルールを明確に定めておきましょう。

トレード中は淡々とそのルールに沿って行動します。

言い換えれば「気分による取引はしない」ということです。

デイトレードをする場合のFX業者の選び方

・スプレッドが狭い業者を選ぶ

→デイトレードでは比較的取引回数が多くなりますから、スプレッドが狭い業者を選びましょう。

・スマホでも快適に取引できる業者を探す

→必須ではありませんが、スマホでも手軽にトレードできるほうがやりやすいはずです。