1588人のプロトレーダーが大絶賛【最強のFX自動売買ランキングTOP5】はこちら

FXで初心者がよくやる失敗パターンを10個紹介

記事のタイトルで失敗パターン10個といっていますが、失敗パターンはこれだけじゃなく、山ほどあります!

ですが、今回初回するFXでの失敗パターンはよくありがちな失敗パターンですので、ぜひ一つずつ確認してみましょう。

FXで初心者がよくやる失敗パターンを10個

1:根拠のない売買をする

→それで勝つ売買もあるかもしれませんが、トータルではまず間違いなく負けます。

2:トレードルールを定めていない

→勝つトレーダーは「こうなったら買う(売る)」などのルールを明確に定めています。

3:レバレッジ倍率を上げすぎる

→特に初心者のうちはむやみにレバレッジを上げすぎないようにしましょう。

4:ポジポジ病

→「むやみにポジションを持つこと」をポジポジ病と言います。勝つトレーダーは「勝てる根拠がないから、今はエントリーしない」という判断を冷静に下します。

5:様々な通貨ペアを扱おうとする

→扱う通貨ペアを増やすと、「確認すべき情報」も多くなります。まずは1種類の通貨ペアだけを扱いましょう。

6:損切りができない

→「もう少し我慢すれば反転するはず」と「なんとなく」考えて、損切りを遅らせる初心者が多いです。そうではなく、「損切りライン」を事前に決め、そこに到達したら冷静に損切りしましょう。

7:ポジションを放置する

→ポジションを保有しているときは、証拠金維持率や総資金額を1日1回以上チェックしましょう。放置は厳禁です。

8:ロスカットラインを調べていない

→「ロスカットが発動する証拠金維持率のライン」のことをロスカットラインと言います。このラインは業者ごとに異なるので事前に調べておきましょう。

※そのうえで、普段は「ロスカットラインを気にしなくていいほどに余裕のある取引」をするのが鉄則です。

9:相場が動きやすい時間帯を知らない

→「各国の市場が始まる時間帯」では相場が動きやすくなります。効率よく利益を出したいのであれば、そのタイミングを狙って取引しましょう。

10:大金を投じすぎる

→「全て失っても生活に支障のないお金」でFX取引をしましょう。

初心者がFXで失敗しないためにするべき3つのこと

・分析や勉強

→「取引そのものだけで上達する」のは不可能です。

・各種注文方法を知る

→特に「指値注文」や「逆指値注文」など、リスクを下げやすい注文方法を活用しましょう。

・少額から始めて経験を積む

→勉強だけをしていてもノウハウは身につきません。少額でいいので思い切って始めることも大事です。

まとめ

「とにかく利益を出す」とだけ考えるのは危険です。

・損切りをきちんとする

・あらゆる手段を使ってリスクを下げる

など、むしろ「損失を抑える」ことにこそ気を遣いたいところです。

すると、「トータルで勝つ」ことができるようになる事でしょう。