1588人のプロトレーダーが大絶賛【最強のFX自動売買ランキングTOP5】はこちら

FXにおけるファンダメンタルズ分析とは?

FXにおける分析には大きく分けて2種類あります。

・ファンダメンタルズ分析:「経済の基本部分」の分析を行い、長期的な変動の予想をする
・テクニカル分析:「チャートの変動」の分析をして、短期的な変動の予想をする

今回はこのうちのファンダメンタルズ分析について解説します。

ファンダメンタルズ分析のやり方

全体的なことを言うと、「毎日発表される大切な経済指標を確認して、その国の景気変動や成長率を知っておく」のがファンダメンタルズ分析の本質です。

ですが、全ての経済指標を分析する必要はありません。
以下で紹介していく重要な経済指標を見ておくだけでも事足ります。

政策金利

「政策金利」はファンダメンタルズ分析において一番大事な経済指標です。「主要国の政策金利を調べておくだけで、ファンダメンタルズ分析はきちんと行える」という声もあるくらいです。

政策金利:「中央銀行」が「市中銀行」にお金を貸す際の金利

「政策金利がアップした=経済が発展している=その国の通貨の相場が上がりやすい」と言えます。

失業率(完全失業率)

「上がっていれば経済が乱れている(相場が下がりやすい)」
「下がっていれば経済が安定している(相場が上がりやすい)」

と言えます。

貿易収支

「貿易収支=輸出金額-輸入金額」で計算できます。
この数値がプラス(マイナス)であれば「貿易黒字(貿易赤字)」と言います。

小売売上高

「小売業全体の売上高」のことです。
この数値が高いほど、相場が上がりやすいです。※変動が大きいため、「自動車の売上」は対象になりません。

国内総生産(GDP)

国内総生産が上がれば(下がれば)相場も上がる(下がる)傾向にあります。

○住宅着工件数

「一か月で新規に建設された住宅の数」のことです。

これも「景気が反映される数値」と言えます。

日銀短観

「日本銀行が実施している景況アンケート」です。

消費者物価指数

「消費者が買う商品・サービスなどの価格変動を示す指数」であり、これが上がれば(下がれば)インフレーション(デフレーション)になっていると言えます。

企業物価指数

「企業同士の取引における、中間材料・原材料の価格変動を示す指数」です。

景気の影響を受けやすい指数ですから、ファンダメンタルズ分析における重要度は比較的高いと言えるでしょう。

生産者物価指数

「『生産者が出荷する段階での価格』の変動を示す指数」です。
アメリカの指数ですから、アメリカの景気を把握するために役立ちます。