1588人のプロトレーダーが大絶賛【最強のFX自動売買ランキングTOP5】はこちら

日本の投資人口(投資家の数)やマネーリテラシーまとめ

日本の投資人口は5000万人台前半です。これは日本全体の人口と比べると少ないですし、そもそも日本人は投資が下手であると言われています。その理由はどこにあるのでしょうか。

日本人が「投資下手」である主な理由

・教育

→(特に義務教育では)お金に関する教育はほとんど行われません。ちなみに欧米諸国では小学校のうちからゲームを通じて「お金の増やし方」を勉強し始める場合が多いです。

・風潮

→一昔前に比べると考え方も多様化してきたと思いますが、いまだに「お金は労働によって得るもの」という発想が日本人に根付いています。

・投資やFXに関する思い込み

→「投資やFXは危険なものである」「どうせ稼げない」と思い込んでいる人は少なくありません。

日本人は貯金が大好き

日本人は貯金を好みます。アメリカでは「預貯金率」が10%程度、欧州では30%ほどですが、日本は実に50%を超えています。そして「投資率」となるとこれがほぼ逆転し、日本が10%程度、欧州は30%ほど、アメリカは5割前後となります。

日本人が貯金を好む理由は?

・そもそも貯金以外の方法を知らない

→例えば「積み立てNISA」「投資信託」などと言われても全くやり方が分からない人も少なくないはずです。

・貯金が安全だと思い込んでいる

→確かに貯金をしていれば基本的にお金が減ることはないでしょう。ですが、皆さんもご存じの通り、今は「超低金利」ですから増えることもありません。また、物価が上昇すれば、相対的にお金の価値は落ちますから、「額面はそのままでも価値はダウンする」という事はあり得ます。

日本人も投資の重要性を知る必要がある

日本人は今後、投資の重要性を知っていかなければなりません。投資によって生活が楽になりますが、それだけではありません。

例えば、株を買えば、「その株を発行した企業」に貢献することになります。その企業が何かを成し遂げる事もあるでしょうし、景気が良くなることもあるはずです。

一方、貯金だけをしている場合は、「増えないが、減る(価値が下がる)可能性はある」と言えます。

まとめ

「FX」という言葉を耳にするとそれだけで抵抗感を抱くかもしれませんが、そういった人は「貯金さえしていれば安全」と思っているのではないでしょうか。

FXでも「少額資金で地道に稼いでいく」ということは可能です。偏見を捨ててまずは試してみてはいかがでしょうか。