1588人のプロトレーダーが大絶賛【最強のFX自動売買ランキングTOP5】はこちら

FXの「順張り」・「逆張り」って何?

FXの「順張り」・「逆張り」に関して、まずは簡単に説明していきます。

順張り:価格が上昇(下落)トレンドのときに買う(売る)トレード手法
逆張り:価格が上昇(下落)トレンドのときに売る(買う)トレード手法

「順張りはトレンドに乗る/逆張りはトレンドに逆らう」というイメージです。

順張りでエントリーすべきタイミングは?

・上昇(下降)トレンドの中で一旦下降(上昇)したとき

「トレンドが発生している」としても常時上がり続ける・下がり続けるわけではありません。

一旦「トレンドとは逆の動き」をしたときにエントリーすれば、再度「トレンドに沿った動き」をしてくれれば利益が出やすくなります。

逆張りでエントリーすべきタイミングは?

・レンジ相場で「高値」か「安値」になったとき

逆張りをする場合、「相場が反転すれば利益が出やすい」わけです。

そして「高値」「安値」は反転のサインであると言えます。

「逆張りのエントリータイミング」としては、これが最もオーソドックスです。

・短期的な急変動時

なんらかの理由(経済指標発表、要人の発言など)で急変動が起きた場合、そのあと反転しやすいです。

順張りで気を付けるべき2つのこと

・トレンド終了直前のエントリーをしないようにする

→つまり「反転直前のエントリー」を行わないようにするということです。

・「だまし」に気を付ける

→「トレンドになりそうでならないとき」もあります。このようなケースなどに備えて、損切りラインを事前に定めておく必要があります。

逆張りで気を付けるべき2つのこと

・感覚に頼らない

→「そろそろ反転するだろう」などの感情ではなく、きちんと分析した上で逆張りをしましょう。仮に「感情による逆張りで勝てた」としても、後に活かせるものがありません。

・損失が大きくなる危険性があることを理解しておく

→「逆張りしたのに長時間反転しない」ということがあると損失が大きくなります。こういったリスクを踏まえて、逆張りの場合もきちんと損切りラインを定めておきましょう。

FXの順張り・逆張りで活用しやすいインジケーター

・移動平均線

・ボリンジャーバンド

・RSI

・MACD

これらは代表的なインジケーターであり、順張り・逆張り以外の戦略を採る場合でも役立つかもしれません。

ぜひ使いこなせるようになりましょう。

まとめ

「順張り」と「逆張り」はできれば両方活用しましょう。

そうすることで、トレードの幅を広げることができるからです。

まずはどちらも実践してみてはいかがでしょうか。