1588人のプロトレーダーが大絶賛【最強のFX自動売買ランキングTOP5】はこちら

FXのスキャルピング(超短期取引)を初心者にも分かりやすく解説

FXにおいて、「数秒~数分レベルで売買をして、細かな利益を積んでいくトレードスタイル」のことをスキャルピングと言います。

瞬発力が必要ですから、他のデイトレード、スイングトレード、長期保有などに比べると難易度が高いです。

スキャルピングで稼ぐための3つのコツ

・利確/損切りを的確に行う

→利確や損切りに手間取っていると勝てるものも勝てません。前もってエントリー・クローズなどに関するマイルールを定め、それに沿って淡々と取引を進めていきましょう。また、「予約注文」も活用してください。

・スプレッドが狭い業者(口座)を利用する

→スキャルピングでは売買回数が増えますから、「スプレッドを支払う回数」も増えます。ですから、基本的にスプレッドが狭い業者を選ぶべきです。

・相場が変動しやすい時間帯と通貨ペアを知っておく

各市場がオープンし、相場が動きやすくなるタイミングである「8時半~10時/17時~19時/22時~24時」を狙って取引しましょう。通貨ペアとしては、「ドル円/ユーロ円/ドルポンド/円ユーロ/円ポンド」などがおすすめです。

FXのスキャルピングがおすすめの人は?

・忙しい人

→スキャルピングであれば短時間でも取り組めます。例えば「毎日22時~24時にスキャルピングをする」と決めておけば、無理なく生活に取り入れることができるはずです。

※それに加えて、勉強や分析の時間も確保する必要があります。

・集中力がある人/冷静な人

→「短時間集中し、冷静に売買を繰り返すことができる人」はスキャルピングに向いています。

・短時間で効率よく稼ぎたい人

→レバレッジを活かせばスキャルピングでも大きく稼ぐことができます。専業トレーダーの中にも「スキャルピングしかしていない」という人は少なくありません。

スキャルピングができないFX業者も少なくありません

そもそもスキャルピングを禁止しているFX業者もあります(国内FXには特に多いです)。

口座を作る前にきちんと確認しておきましょう。

ちなみに「自動売買」もNGとしているところが少なくありません。

おわりに

「短時間で大きく稼ぎやすい」というメリットがありますから、スキャルピングは人気です。

ただ、難易度は高いですし集中力も必要ですから、相応の覚悟を持って始めましょう。

まずはデイトレードやスイングトレードから始めて経験を積むというのも一つの手です。