1588人のプロトレーダーが大絶賛【最強のFX自動売買ランキングTOP5】はこちら

FXは少額からでもスタートできる?

「どの業者で取引するか」にもよりますが、例えば「SBI FXトレード」であれば1万円程度用意すれば無理なくトレードできます。

SBIは最低取引単位が1通貨ですから、少額から始めやすいです。

レバレッジを活用しましょう

国内FXにおける最大レバレッジ倍率は25倍となっています。

つまり、1万円用意すれば25万円分のトレードができるのです。

実際、1万円程度からFXを始める人は少なくありません。

最初は少額でトレードをして経験を積み、慣れてきたら徐々に取引金額を上げていくのもいいでしょう。

ただしレバレッジ倍率を高くすることにはリスクもあるので、気を付けてトレードを行ってください。

特に最初のうちは、

「たった1万円で25万円分の取引ができる」などと認識するのではなく、

「1万円分の取引を、わずか400円で行える」というように、「レバレッジ=自己資金を少なくしてリスクを下げるための手段」と捉えることをおすすめします。

なぜSBIでは少額取引がしやすいのか?

SBIは少額取引がしやすく、ビギナーに向いているFX業者です。

その主な理由を挙げていきます。

○最低取引単位が1通貨

レバレッジを25倍に設定すれば、およそ4円程度の自己資金で取引ができます(1ドル100円で、ドル円を扱うとした場合の計算です)。

他の国内FX業者の中には、最低取引単位が「1000通貨(4000円必要)」「1万通貨(4万円必要)」というところも少なくありません。

FXに限らず、投資というものは基本的に「最悪の場合、全額失ってもいいお金」で行うべきです。SBIなどを使えば、この条件を満たしやすいのではないでしょうか。

また、SBIでももちろん「1000通貨」「1万通貨」レベルのトレードをすることが可能です。

もちろん取引量が多いほうが利益は上がりますから、余裕が出てきたら検討してみましょう。

○スプレッドが狭い

「FXにおける『買値』と『売値』の値段の違い」のことを「スプレッド」と言います。

厳密には異なりますが「スプレッド=取引手数料」という認識でほぼ問題ありません。

このスプレッドはFX業者によって異なります。

そしてSBIはこのスプレッドが業界最小レベルですから、コストを抑えつつトレードをすることが可能です。

特にデイトレードやスキャルピングなど、取引回数が多くなるスタイルを採用している方にとっては「スプレッド」はとても大事な要素であると言えます。(スプレッドは1回の取引ごとに発生します)