1588人のプロトレーダーが大絶賛【最強のFX自動売買ランキングTOP5】はこちら

FXと株式投資の違いを投資初心者にも分かりやすく解説

「FX取引」と「株式投資」はよく比較されるものですが、具体的にはどこが違うのでしょうか。

○投資対象

FX:法定通貨

株式投資:企業(が発行する株式)

○投資対象数

FX:およそ180種類の法定通貨

株式投資:国内の上場企業の数(3000以上)

全ての通貨ペアを扱っているFX業者は存在しません。

少ない業者の場合、30種類くらいしか対象にできない場合もあります。

ただ、「投資対象に関して迷わなくて済む」という側面もあると言えるでしょう。

○トレードできる時間帯

FX:平日24時間+土曜日の朝

株式投資:平日9時~11時30分、12時30分~15時

「いつでもトレードができるか」という点では圧倒的にFXが勝っています。

副業としても取り組みやすいはずです。

○変動の要因

FX:国の金融政策や経済情勢など

株式投資:企業の業績、景気、政治経済の動きなど

「FX」と「株式投資」では、「価格変動を分析・予想するためにチェックするべきもの」が異なります。

したがってFXと株式投資を平行するのは難易度が高いと言えるでしょう。

○レバレッジ

FX:国内FXでは25倍まで/海外FXでは最大数千倍の業者も

株式投資:信用取引以外ではレバレッジはかけられない

国内FXでレバレッジ倍率を25倍に設定したとします。

この場合、例えば元手が400円でも、「400円×25倍=10000円」分のトレードを行うことができます。

資金効率については大幅にFXのほうが優れていると言えるでしょう。

○「少額資金」での始めやすさ

FX:10円以下でも始められる

株式投資:少なくとも数万円は必要

「株式の価格」は決して安いものではありません。

一方、FXの場合は「対象が通貨であるため安く、レバレッジもかけられる」ため、10円以下からでも始めることができます。

株式投資の主なメリット

配当金:成績のいい企業の株式を買っていれば、配当金を受け取ることができます

優待:株式を持っているだけで、その企業の商品やサービスを利用できる場合があります

※株主優待を用意していない企業もあります。

FXの主なメリット

・少額資金でOK

・レバレッジ

・平日24時間取引OK

FXのほうが始めるためのハードルが低いと言えるでしょう。

ただし、株式投資でいうところの「配当金」や「優待」に該当するようなものはほぼありません。

まとめ

まずはFX取引からチャレンジすることをおすすめします。

ちなみに、ほとんどのFX業者において、FX口座の新規開設を無料で行うことができます。