1588人のプロトレーダーが大絶賛【最強のFX自動売買ランキングTOP5】はこちら

FXのスワップポイントとは?専門用語を分かりやすく解説

「2通貨間の金利差」のことをスワップポイントと言います。「低金利通貨を売却し、高金利通貨を買う」と、金利差によって利益を出すことができます。

スワップポイントの利点

金利差がプラス(プラススワップ)であれば、ポジションを保有し続けるだけでほぼ毎日利益が発生します。極端に言えば、「通常の売買をせずに、ポジションを持ち続けるだけでも稼げる」ということです。

スワップポイントが付与されるのはいつ?

基本的に「NY市場が閉まるタイミングでポジションを持っている」のであれば、スワップポイントが発生します。つまり、「その日のうちに決済するとスワップポイントは獲得できない」という事です。

「スワップポイントの発生タイミング」や「スワップポイント量」はFX業者ごとに異なるので、必ず個別にチェックしてください。

スワップポイントが高めの通貨ペア例

・トルコリラ円

・メキシコペソ円

・南アフリカランド円

・人民元円

・ロシアルーブル円

などはスワップポイントが高くなる傾向にあります。

スワップポイントに関して気を付けるべきこと

○マイナススワップもあり得る

スワップポイントがマイナスになることもあります。

この場合、「持ち続けるほどスワップポイントによる損失が大きくなる」ので気を付けましょう。

○スワップポイントも課税対象になる

「スワップポイントで発生した利益」に対しても税金を支払う必要があります。

○高金利通貨は扱いにくい傾向にある

メキシコペソやトルコリラなどは「高金利通貨」ですから、これらが絡む通貨ペアはスワップポイントが高くなりやすいです。

ですが、「高金利通貨は変動が激しくなりやすい傾向にある」ため、「スワップポイントに気を取られていたら、含み損が膨らんでいた」という事になる可能性もあります。

スワップポイントで稼ぐためのポイント

・安易なハイレバは避ける

→スワップポイントにもレバレッジがかかります

・分散投資がおすすめです

→通常のトレードと同じく、スワップポイント狙いの場合も分散投資をしたほうが安定しやすいです

●スワップポイント周りが充実している業者もあります

スワップポイント狙いをする場合は、「スワップポイントが高めの業者」を利用するのがおすすめです。

また、例えば「スワップポイントを、口座残高に振替できる」など、スワップポイント関連の特別なサービスを用意しているブローカーもあるので、必要に応じて活用しましょう。