初心者向け!トレンドラインの役割と正しい引き方を徹底解説

トレンドラインは、相場のトレンドを把握するために、ローソク足の高値同士や安値同士を結んだ線のことです。このトレンドラインは、テクニカル指標の重要な一つです。そして、このトレンドラインは、支持線や抵抗線としても機能します。

ちなみに、安値同士を引いた右肩上がりの線を「上昇トレンドライン」といい、高値同士を引いた右肩下がりの線を「下降トレンドライン」といいます。

トレンドラインは、相場の流れを知るツールとして、多くのトレーダーに使われています。また、トレンドラインを活用するためには、トレンドラインがチャート上でどのような意味を持っているのかを知る必要があります。理解できるようになると、トレードで利益を圧倒的に出しやすくなります。

この記事では、そんなトレンドラインの役割と実践的な使用方法を初心者の方にも分かりやすく徹底的に解説します。FXで勝ちたい人は、ぜひ参考にして下さい。

トレンドラインの基本的な引き方

最初に理解していただきたいことは、「トレンドラインで何ができるようになるか」ということです。先に結論からいえば、トレンドラインは、次の2つの役割と機能を持つ重要なテクニカルツールです。

トレンドラインの役割

  • 現在の相場の流れを正確に表す
  • 支持線や抵抗線としても機能する

一つずつ説明していきますね。

上昇トレンドラインと下降トレンドライン

トレンド相場には、上昇トレンドと下降トレンドの2つあるように、トレンドラインにも、上昇トレンドラインと下降トレンドラインの2種類があり、この2つのラインを活用すると、現在の相場を正確に判断できるようになります。

上昇トレンドライン

上昇トレンドラインは、ローソク足の目立った2つ以上の安値を結ぶことで引けるラインです。

下降トレンドライン

下降トレンドラインは、ローソク足の目立った2つ以上の高値を結ぶことで引けるラインです。簡単にいえば、上昇トレンドラインの反対です。

何も引いていないローソク足だけのチャートより、トレンドラインを引いたほうが、はるかに現在のトレンドがつかみやすくなります。

トレーダーとして勝ちたいのであれば、現在のトレンドを正確に把握することが、その第一歩です。

トレンドラインの引き方のコツ

トレンドラインを引くちょっとしたコツは、まずはラインを引けるだけ引いて、あとから消していくことです。

初心者の方がトレンドラインを引く時は、「これで本当に良いのだろうか?」と迷うはずです。そのような時は、最初の1本で精度の高いトレンドラインを引くことは不可能だと思っていれば、迷いはなくなります。そして、チャートを開いたら、とにかくラインをたくさん引くようにしてください。

初心者は、まず手当たり次第にトレンドラインをたくさん引いてから、徐々に消していく方法は、早く上達するので非常におすすめです。

また、どのラインを残すべきかで悩んだら、短いトレンドラインよりも、長いトレンドラインを残すことがポイントです。なぜなら、長いラインのほうがより強く機能する可能性が高いからです。単純に、トレンドが続いている時間が長ければ、他のトレーダーの意識もそのラインに集中しており、集団心理が働きやすいということです。

トレンドラインはどの時間足で引けば良いの?

次は、トレンドラインの時間足についてです。トレンドラインや水平線は大きい時間軸4時間足や、1時間足などから引いていきます。トレンドラインや水平線は、大きい時間軸では髭などでオーバーシュートする場合も結構ありますので±5Ppips程度は遊び幅と思って下さい。

15分足などでもトレンドラインを引きますが、大きい時間軸の方が意識されるので信頼度は高いと言えます。また、水平線は、欧州時間からの参加であれば日本時間の高安値と、欧州時間の高安値や直近の高安値等に引きます(※日本時間9時前後~16時前後、16時前後以降の高安値に水平線を引きます)。

4時間足、1時間足等の時間軸に変えて、サポートラインやレジスタンスラインと思われる場所があれば水平線を引きます。大きな時間軸での水平線は、色などを変えてみると分かりやすくなります。

大きい時間軸の水平線は、大きな値動きの場合に活用できるので必ず確認してください。チャートの5分足は、MT4を使う場合は、基本1マス5pipsに固定しておくと値動きが分かりやすくなります。

まとめ

トレンドラインに関して、実際のトレーダーが使っているノウハウをお伝えしました。トレンドラインで徹底的に細かいところまで分析することで、初めて確度が高いトレードができるのです。ぜひマスターして、FXの安定した利益につなげて下さい。